• ホーム
  • シアリスの副作用と使用上の注意点

シアリスの副作用と使用上の注意点

シアリスは日本で認可されている第3のED治療薬です。
他の2つがとにかく即効性を重要視しているのに対して、シアリスの特徴は持続力の長さです。
服用することで最大36時間もの間、持続するのです。
第1・第2の薬はどちらも服用者の9割以上が副作用を感じると言われています。
一方、ゆっくりじわじわと効いていくシアリスは3割程度、かなり少ないです。
副作用がいやでシアリスを押しているという方も多いでしょう。とはいえ副作用がないわけではないため注意してください。
とはいえ、頭痛やほてり・鼻づまり・筋肉痛といった血管拡張に伴う軽い症状です。
シアリスが原因で将来的にも後遺症が残るといったことはなく、ほてりも筋肉痛も薬の効き目が薄れていくのに合わせて落ち着いていくのでそこまで怖がる必要はありません。
あとはとにかく性行為を成功させたいからと1度に大量摂取したり、まだ効き目が持続しているにも関わらず更に追加で服用するなど用法用量とは違った服用方法をすると副作用が強く出てしまう危険性があるため注意しましょう。
飲み合わせや食べ合わせ・併用禁忌薬についての知識も持っておきましょう。
ちなみに、頭痛がひどく出るという方は対策として、市販の頭痛薬を併用することは可能です。
じわじわと効いていくシアリスは、海外ではウィークエンドピルという呼び名もついています。
週末に前日の夜から翌日の朝にかけてじっくりと楽しみたいという方、パートナーと旅行に行くという方など、自信がないのであればぜひ、事前に服用しておくとよいでしょう。
ちなみに、服用して3時間後くらいにようやくエンジン全開となるため、性行為の3時間前には使用しておくことをおすすめします。
話の流れから突然いい感じになったからと慌てて服用してもダメです。そういうときには即効性重視の第1・第2の薬を使用してください。
状況に応じて3つのED治療薬、使い分けするようにすればよいのです。

シアリスの飲み合わせ・食べ合わせ・併用禁忌薬

第1の薬は食事と併用することで効き目が半減するものでした。ただ食事とセックスとは切って切り離せない仲です。
だからこそ生まれた第2の薬以降は食事をしていても安心して服用することができるようになりました。
とはいえ、何でもたっぷりと食べたり飲んだりできるわけではありません。
できればあっさりしたもの・腹7分目程度の食事で済ませてください。
ED治療薬全般に言えることですが、食べ合わせの悪いのはグレープフルーツです。
効き目が倍増する作用があり、副作用が強く出てしまいます。
アルコールは飲み合わせが悪いとは言い切れません。
適量のアルコールであれば緊張やあせり対策になり、リラックスした雰囲気でうまくセックスに持ち込むことができるからです。
とはいえ、あくまで適量です。
大量に摂取することで感覚が鈍り、せっかくの性的刺激を受けがたくなります。神経伝達が悪化してしまうため勃起力も低下しかねません。
緊張してついつい酒が進んでしまうというのはありがちな光景ですが、せっかくシアリスを服用しているのですから自信を持って、行為にのぞむようにしましょう。
狭心症や心筋梗塞の既往歴があるという方はED治療薬の使用が難しい場合があります。
これらの病気の治療に使われる硝酸剤が併用禁忌薬とされているからです。
ニトログリセリンなどに入っています。
硝酸剤とシアリス、どちらも血圧を低下させる作用があり、併用することで血圧が低下しすぎて、最悪の場合はショック状態で命を落とすことだってあるのです。
硝酸剤は飲み薬だけでなくスプレー・貼り薬といったタイプのものもあります。
常用している薬があるのであれば、面倒がらずに医師にきちんと話しておくことが大切です。