• ホーム
  • シアリスの効果・飲み方・入手法について

シアリスの効果・飲み方・入手法について

シアリスは持続時間が非常に長いED治療薬です。正規品には5mgと10mg、20mgの錠剤が存在します。
クリニックでED治療を行う場合には、10mgか20mgが使用されます。5mgは効果が弱いのであまり使用されていません。
10mgや20mgの錠剤では用量が多い場合は、ピルカッターで割って服用する方法もあります。
シアリスの持続時間は10mgが約20時間から24時間で、20mgは約30時間から36時間です。
金曜日の夜に20mgの錠剤を服用すれば日曜日の昼まで効果が続くため、ウィークエンドピルとも呼ばれます。
シアリスは服用してから効果が最大になるまでの時間が約3時間とされています。
効果が最大になるまでの時間には個人差があり、40分ほどで最大になる場合もあれば4時間かかる場合もあります。
性行為の3時間前に水かぬるま湯で服用するのが一般的な飲み方です。
アルコールで服用することもできます。適度な量のアルコールは気分をリラックスさせてシアリスの効果を高めます。
ただし服用後は酔いやすくなるので、飲酒を控える必要があります。
シアリスの有効成分であるタダラフィルは食事の影響を受けにくいのが特徴です。
服用前に800kcalまでの食事を摂取できます。基本的には空腹時に服用します。
服用前に食事を摂った場合は、消化するまで2時間ほど待つのが効果的な飲み方です。
脂肪分の多い食事を摂った場合は、6時間から7時間ほど間隔を空けます。シアリスは持続時間が非常に長いのも特徴です。
世界的に多数の愛用者がおり、ジェネリック医薬品も存在します。
シアリスのジェネリック医薬品は主にインドの製薬会社が製造しています。
インド政府から許可を受けて製造しているので安全です。
シアリスやジェネリック医薬品は世界的な人気があり、偽造品も流通しています。
偽造品は主に中国などで製造されたものです。海外から個人輸入する場合には、偽造品に注意する必要があります。

シアリスは処方か個人輸入どちらがいい?

シアリスは日本国内でも承認されており、クリニックで処方してもらうことができます。
インド製のジェネリック医薬品は安価ですが、日本国内では未承認です。
ジェネリック医薬品を使用したい場合には個人輸入が必要となります。シアリスの正規品も海外から個人輸入できます。
未承認の医薬品の輸入と販売は基本的に禁止されています。ただし個人的に輸入して使用する場合は合法とされています。
インターネットの通販サイトを利用すれば、簡単に医薬品を個人輸入できます。
また個人輸入手続の代行も合法的に請け負うことができます。
クリニックで処方を受ける場合と比較して、個人輸入を行なうとED治療の費用が大幅に下がります。
ただしシアリスは直近3か月以内に心筋梗塞の既往歴がある場合や、直近6か月以内に脳梗塞・脳出血の既往歴がある場合などには服用できません。
健康上の不安がある場合は、クリニックで処方してもらえば安全にED治療ができます。
クリニックでシアリスの処方してもらう場合の1錠あたりの価格は、10mgが約1700円で20mgは約1800円です。
ED治療は自由診療とされており、価格はクリニックによって異なります。
また薬代に加えて診察料などの費用も必要とされます。
通販サイトでは20mgのシアリスが販売されており、価格は1錠あたり約1600円です。
ジェネリック医薬品には様々な種類があります。20mgの錠剤は1錠あたり200円から450円ほどで販売されています。
クリニックで処方を受けるか個人輸入するかは、患者の状況によって異なります。
健康上の不安がない場合には、個人輸入すれば費用を抑えることができます。
しかしそうではない場合には、クリニックで処方してもらう方が安全です。